ココとたまの2ニャン暮らし♪

ココちゃんとたまちゃんの2ニャンの共同生活を綴っていきます~

ねこのきもち7月号が届きました~付録は愛猫のための法律辞典のみ!先月の付録が豪華だった反動か。。

本日の猫ブログです~

さて、昨日帰ったらねこのきもち7月号が届いていました~ 

f:id:kaochan0801:20180607084041j:plain

いつもは10日前後に来る事が多いのですが、今月も先月に続いて早いですね。

 

6月号のねこのきもちの記事はこちら☟  

www.cocototamano2nyankurashi.com

 

5月号のねこのきもちの記事はこちら☟   

www.cocototamano2nyankurashi.com

 

4月号のねこのきもちの記事はこちら☟  

www.cocototamano2nyankurashi.com

  

3月号のねこのきもちの記事はこちら☟  

www.kokochan0505.com

 

2月号のねこのきもちの記事はこちら☟  

www.kokochan0505.com

 

1月号のねこのきもちの記事はこちら☟ 

www.kokochan0505.com

 

 12月号のねこのきもちの記事はこちら☟

www.kokochan0505.com

 

11月号のねこのきもちの記事はこちら☟ 

www.kokochan0505.com

 

10月号のねこのきもちの記事はこちら☟ 

www.kokochan0505.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

まず持ってみた感じですが、この薄さだと今月は期待薄ですね~(´-ω-`)ウーン 

早速開けてみましょう♪

入っていたのは、ますは雑誌です~

f:id:kaochan0801:20180607084348j:plain

 

続いて愛猫のための法律辞典です~

f:id:kaochan0801:20180607084440j:plain

 

後は何があるかな~と見てみましたが、残っているのは広告ばかり、、、

結局雑誌と法律辞典の2つでしたよ~

先月がキティーちゃんのキャットハウスや試供品のご飯(カルカン&アイムス)と豪華だっただけに、その反動ですかね・・・年間の付録の予算も決まっているでしょうし~

それにしても差が酷すぎるので、試供品はおもちゃやキャットハウスなどがない月にして欲しいものですね~

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

さて、このままだと撮れ高がなさすぎるので、付録の法律辞典の一部を紹介しましょう。この辞典には猫に関する色々なトラブルについて載っていますが、特に気になるページがありました~

実際の事例に基づく数字で見る猫裁判です!!

それがこちら☟

f:id:kaochan0801:20180607085054j:plain

 

交通事故の加害者へ、飼い主入院中のペットシッター費用として、157万7,625円!

高いな~と思って良く見たら、猫3匹と犬1匹の飼い主が約2年間入院したからみたいですね~

 

続いてガンを見落とした獣医師の過失・その慰謝料として、約70万円!!

愛猫の乳房にしこりがあって、複数回受診したのに必要な検査をせずに見落とした事例ですね。

これはかなり意外でした。基本的に日本ではペットは物扱いですから、こんなに認められるんですね。

 

ペットのしっぽを誤って切断したトリマーに慰謝料として、約13万円!!

想像しただけで痛そうな事例ですね。不注意で約5㎝を切断し、傷は塞がっていて後遺症はない事例です。

治療費や慰謝料を考えると、まあ妥当なところですかね。実費としては治療費が数万円程度でしょうから、慰謝料は10万円くらいなのかな?

 

ペット飼育可の物件なのに飼い主が負担することになった修繕費用として、5万5,335円!!

これは元々ペット可の物件だったのに、猫を飼っていたことで敷金が返還されなくて裁判を起こした事例です。敷金の返還は命じられましたが、壁のクロスの張替・室内脱臭処理代の5万5,335円が差し引かれたというケースのようですね。

これに関してはそんなものでしょうね。むしろ差し引かれた金額が5万ちょいなら安い方なのかな?と思いますね。

 

さて、最後になります。猫好きの人のよさそうな方は特に気をつけてくださいね!

ノラ猫にフードを与えていた隣人に対し、糞尿被害による慰謝料などとして、約56万円!!

自宅の玄関先でノラ猫にフードを与え続けて居つかせたとして、隣人から訴えられた事例です。

この事例では段ボールなどを置いて半年以上居つかせたほか、行政指導が入ったのちも改善が見られなかったとして、訴えが認められたようですね。

ここまで酷くはありませんが、ノラ猫にフードを与えている猫好きさんはブログを拝見していると目にしますね。最悪の場合は訴えられる可能性があることは自覚しておいた方が良いかもしれません!!

 

ちょっと気になったページを紹介しました。

まあ、納得だよね~という数字から、こんなに認められるんだという事例まで様々でしたね~日本もペットに関する扱いが少しはマシになってきているという事ですかね。

ってな事で、7月号のねこのきもちの紹介でした~

 

読者になって下さる奇特な方は、こちらからお願いします(*´∀`)♪

 

ランキングに参加中です。 応援お願いしますwww

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング