ココとたまの2ニャン暮らし♪

ココちゃんとたまちゃんの2ニャンの共同生活を綴っていきます~

マカオのドッグレース廃止に伴って残されたグレイハウンド犬650頭の引き取り手を当局が探すことに!無事全頭引き取られると良いけど。

世界最大の娯楽センターである中国の特別行政区マカオでドッグレースが21日廃止されるのに伴って、残されたグレイハウンド犬650頭の引き取り手を当局が探すことになりました。そこで本日の猫ブログでは、その内容について見ていきたいと思います~

f:id:kaochan0801:20180724160432p:plain

  

       目次 

  

1.マカオで庶民のギャンブルとして親しまれていたドッグレースが廃止に!

中国の特別行政区マカオで庶民のギャンブルとして親しまれてきたドッグレースが7月下旬にも廃止されることが決まりました。マカオのドッグレースは1931年に始まり、途中25年間中断された後、1963年に再開されました。かつては立ち見が出るほどの人気ぶりだったが、マカオでは高級カジノが上陸して以来、ドッグレースは旧世代の娯楽として下火になっていました。

 

2.ドッグレースの廃止に伴ってグレイハウンド犬約650頭の引き取り先が問題に!

ドッグレースの廃止に伴って、グレイハウンド犬約650頭の引き取り手が確定しておらず、動物保護団体から懸念の声があがっていました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

    

3.海外の非合法のドッグレース場に転売される可能性も!

グレイハウンド犬は体長1mほどで、新たな飼い主を募集してますが、体が大きい上に年も5歳前後が中心で、子犬のように簡単には人に懐きにくく、家庭のペットとして飼うのは容易ではありません。

f:id:kaochan0801:20180724160432p:plain

 

こうしたこともあり、引き取り先がなかなか決まっておらず、このままだと海外の非合法のドッグレース場に転売される可能性も出ていました。

 

4.当局が責任をもって適切にケアされる引き取り手を探すことに!

こうした事態を受けて、当局は残されたグレイハウンド犬650頭の引き取り手を探すことになりました。犬が現在どのような状態にあるかについては触れられていませんが、当局が犬が適切なケアを受けられるよう保証するとの事です!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

    

5.まとめ

世界最大の娯楽センターである中国の特別行政区マカオでドッグレースが21日廃止されるのに伴って、残されたグレイハウンド犬650頭の引き取り手を当局が探すことになりました。この犬たちは体長1mもあり、かつ年齢も5歳くらいとなかなか一般では飼いにくいレベルですね。当局が責任をもって探すとの事なので、大丈夫だと思いますが、気になるニュースです! 

  

読者になって下さる奇特な方は、こちらからお願いします(*´∀`)♪

 

ランキングに参加中です。 応援お願いしますwww

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング